標準対応!SEO対策

標準対応!ビビッド・ワークスのSEO

「SEO」とはそのサイトが持っている情報価値を最大限に引き出すために、検索エンジンにもユーザーにも伝わるようページを作成する技術だと考えています。
ビビッド・ワークスではホームページ制作時に以下のSEOを標準対応しております。

「ビビッド・ワークスのSEOの考え方」はコチラから→

1.キーワードの選定

キーワードを決めることは、SEOにおいて、また、ホームページを作成する上で最も重要なことと言っても過言ではありません。見込み客(顧客となりうるユーザー)がどのような、キーワードを組み合わせて検索するかを熟慮した上で選定する必要があります。商用ホームページの目的は単純なアクセス数の増加ではなく、あくまでホームページを通じて顧客、売上増加につなげることです。

2.ランディングページ最適化

LPO(Landing Page Optimization)とも言います。検索エンジンから訪れたユーザーが最初に着地するページ(ランディングページ)を、訪問者の目的(=検索キーワード)に一致するように、ページ内に適切な処置をしていくことです。ユーザーの離脱を極力防ぎ、目的の情報や資料請求などのアクションにスムーズに誘導できるようにランディングページを最適化し、キーワードのプライオリティを考慮したサイト設計を行う必要があります。

3.HTML最適化

ターゲットとなるキーワードの記述の仕方や配置位置、ロボットがトップページから各サイトへリンクを辿りやすいようにするためのリンク構造など、正しいHTMLの論理構造を理解したうえでのページコーディングを行っていきます。

主なものにタグ内キーワードの最適化、があります。タグと言うのはHTML内に記述される <title></title> や <strong><strong> のような < > で囲まれたもののことです。タグの中に適切なキーワードを入れることで、検索ロボットが情報を収集する際にキーワードを読みやすいようにします。

[タイトルタグ]

titleタグ:<title>タイトル</title>

検索結果の上位に表示されるために重要になってくるのが「タイトルタグ」です。タイトルタグ内には「上位表示させたいキーワードを最適な方法で配置」することが大切です。

[メタタグ]

metaタグ:<meta name="○○○○" />

ヤフーやグーグルの検索結果のタイトルの下に表示されている紹介文は、主にmetaタグの内容が表記されています。
紹介文のmetaタグ:<meta name="Description" content="〇〇〇〇" />
キーワードのmetaタグ:<meta name="Keywords" content="〇〇,〇〇" />

[オルトタグ]

altタグ:<img src="img01.jpg" alt="○○" />

altタグは代替テキストとも呼ばれます。検索エンジンは画像の内容を認識しない為、画像を表示する際には必ずalt属性を指定します。アクセシビリティの面からも、あくまでも画像の内容を説明するものでなくてはなりません。

[その他のタグ]

その他にも

  • 文章の見出し <h1>~<h6>
  • 強調 <strong>
  • アンカーテキスト <a>

などSEO上重要なタグがあります。

4.Yahoo! Googleロボット巡回申請

検索エンジンの検索結果に、自分のWEBサイトが表示されるためには、クローラと呼ばれる自動巡回型ロボットにサイトをクロールしてもらい、検索エンジンのデータベースに登録してもらう必要があります。

ビビッド・ワークスのSEOの考え方

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、その名が示すとおり検索エンジンに対してホームページの中身を最適化することです。「最適化」とは、検索エンジンの検索結果表示画面において、自らのウェブサイトを上位に表示するようコンテンツを作成することを意味します。

ホームページが検索結果の上位に表示されると、結果的に多くのユーザーが訪問してくれるようになります。しかもそのユーザーは何らかしらの問題を解決したい、いわば潜在的な顧客と言え、利益に直結しやすいという効果があります。

『内的要因』と『外的要因』

SEOの観点ではまず大きく分けて『内的要因』と『外的要因』があります。

  • 内的要因:ページの書き方(HTML)など内部的な要因
  • 外的要因:外部から受けるリンク(被リンク)など外部的な要因

検索エンジンは基本的に、そのホームページの内容が充実していること(内的要因)、そしてそのホームページが多くの他のサイトから評価されていること(外的要因)が、検索結果の上位に表示する基準となっています。

内的要因の重要性

SEOを専門に行う業者には、外部リンク先を提供するサービスを行っているところが多数ありますが、検索スパムや高額なランニングコストなど問題もあります。ぎりぎりの手段を使って上位に表示させても、検索スパムの判定は日々厳しくなっていますので、ある日突然検索結果に表示されなくなる、というリスクも拭いきれません。

内的要因を重視し内容の充実と最適なHTMLの記述を心がけ、他のホームページからたくさんリンクされるホームページを作ることが、最善のSEO対策となると考えられます。

SEOとユーザビリティーの関係

いくら検索結果の上位に表示されても、ユーザーの問題を解決するページに容易にたどり着けないようなホームページでは意味がありません。せっかく訪れたユーザーはさっさと離脱するでしょう。

SEOテクニックを屈指したホームページが、ユーザーにとって使いやすいホームページとは限りません。SEOと※ユーザビリティが、バランス良く共存することが大切です。(※ホームページの「使いやすさ」のことです。目的のページや機能になるべく簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスや戸惑いを感じないことなどがあげられます。)

ユーザビリティや正しいHTMLの論理構造を考慮してホームページ制作をしていたら、自然とSEO対策にもなっていた、というのがSEOの望ましい形と考えられます。